ORACLE XEのインストール


今日の気晴らし
PG/MS SQLは書いてるので無償のORACLEで検証環境構築
前回

起動したらIPv6で取れなくなってたのでIPv6を止めておく
cp -p /etc/sysctl.conf /etc/sysctl.conf.BAK20120703

echo “net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1” >> /etc/sysctl.conf
echo “net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1” >> /etc/sysctl.conf

ついでに検証用なので火壁を止めとく.
/etc/rc.d/init.d/iptables stop
※運用ではまじめに設定しましょう

メディアの置いてある場所をマウント(winファイル共有)
mount -t cifs -o username=Administrator,password=パス//メディア置いたネットワークの場所 /mnt

メディアを参照
cd /mnt/oracle-xe-11.2.0-1.0.x86_64.rpm/Disk1

必須コンポーネントを入れておく
yum install libaio.x86_64 libaio-devel.x86_64 bc.x86_64

RPMをインストール
rpm -ivh oracle-xe-11.2.0-1.0.x86_64.rpm

設定する(ポート等指定)
/etc/init.d/oracle-xe configure

一旦止める
service oracle-xe stop

ユーザ切替 (必要ならパスつけとく : passwd oracle)
su – oracle

プロファイルに環境設定スクリプトを設定 (PATHが通り SQLPLus等が使える)
vi .bash_profile
__________________________________
. /u01/app/oracle/product/11.2.0/xe/bin/oracle_env.sh
__________________________________

リスナの設定をする(既定のはコメントアウト)
vi /u01/app/oracle/product/11.2.0/xe/network/admin/listener.ora

※ここからコピーではおかしくなるかも、メモ帳等に移して括弧やスペースをちゃんと確認しよう(余白等削れる可能性あり)
__________________________________

LISTENER =
(
 DESCRIPTION_LIST =
 (DESCRIPTION =
  (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = IPアドレス)(PORT = 1521))
 )
)

SID_LIST_LISTENER =
(
 SID_LIST =
 (
   SID_DESC =
   (SID_NAME = XE)
   (ORACLE_HOME = /u01/app/oracle/product/11.2.0/xe)
 )
)

__________________________________

一旦戻ってサービス起動
exit
service oracle-xe start
su – oracle

動いてるか確認
lsnrctl status

sqlplus / as sysdba
__________________________________
select * from v$version;
__________________________________

Web管理出来るらしいが
http://ホスト名:8080/apex/

てか以下で、Local以外を許可
sqlplus system
EXEC DBMS_XDB.SETLISTENERLOCALACCESS(FALSE);

nmapで見ても22/ssh : 1521/oracle tcp
しか空いてない?8080で待つはずだが、なんか有効化があるらしい。。
必須コンポーネントが足りないのかも。まあ、使ったことないからいいか。

カテゴリー: 開発環境 タグ: , パーマリンク