WPF関連の話


UI作るのが好きなコーダは居ないと思うが、WPFのUIの勘所を書いておく。

Windows Formから移行しようとしている人は苦労しているのではないだろうか。
WPFはHTMLとかAndroidだと思った方がよい。

・Binding
– これが一番重要 OnClickとかでプロパティをイジレルがそれではWPFの意味がない
全てモデル、全てBindingで片づけたほうが望ましい。
・MVVMにこだわりすぎてはいけない
– 全てBindingが望ましいがこだわり過ぎてもいけない

結局、クラス設計が重要なので先に登場人物とやりたい事が確定していないと作りづらい。

ObservableCollection
DependencyObject
INotifyPropertyChanged
全て状態通知系なので、このクラスのこのプロパが変わったらこうする、と言う相互通知のやり取りを
設計しておかないと通知多重とかになる。
が設計がきっちりしていれば、相互のやり取りが非常にやりやすい。

個人的には割と好きだが、複雑というかクラス間の構造を理解できないと使いにくいから流行ってないのか。
おそらくMSは設計⇒クラス / UIのXAMLはクラスの表示 としたかったのだろうが
開発者がなかなか入り込めない (とりあずFormで十分だし) という状況か。

カテゴリー: 設計, 動向 タグ: パーマリンク