arcpy画像出力の動かないコード


arcpyは下記も
http://arcpy.wordpress.com/

平面直角座標系はm単位
X:-40000
Y:-85000
を左下として縮尺1:50,000で画像を出したいとき、DPI100で2000px×2000pxならば
1メートル = 39.3700787 インチなので縮尺加味して、25400m四方

右上座標は
X:-14600
Y:-59600
なのでこの範囲をワールドファイル付で画像化したいときのPythonコードなのだが
ExportToPNGが言う事を聞いてくれない。

Pythonに限らず「簡単」ってのは(レールの上に乗っていれば)と言う前提が必ず付きまとうので
いつも必ず良いものとは限らない。

以下コード

何か解決法があればよいが、ワールドファイルからしてもうおかしい。

import arcpy

mxd = arcpy.mapping.MapDocument("CURRENT")
df = arcpy.mapping.ListDataFrames(mxd)[0]

newExtent = df.extent
newExtent.XMin, newExtent.YMin = -40000, -85000
newExtent.XMax, newExtent.YMax = -14600, -59600
df.extent = newExtent

arcpy.mapping.ExportToPNG(mxd, r"C:\TEST.png", df, df_export_width=2000, df_export_height=2000, world_file=True)
カテゴリー: 開発 タグ: , パーマリンク