ついでに描画速度確認



SQL Server 2012 COLUMNSTORE INDEX

これのついで

5回の平均、カラムストアの速度向上は5%くらい

行ラベル 平均 / Cursor Phase (sec) 速度比
カラムストア 2.977 NA
50,000 0.606 NA
300,000 5.348 NA
個別値インデックスなし 3.128 NA
50,000 0.638 94.98%
300,000 5.618 95.19%
通常_非クラスタ 3.138 NA
50,000 0.636 95.28%
300,000 5.64 94.82%

個別値120分類ほどだったので、単一FontMarkerにした場合、3倍ほど向上
シンボル描画速度とレンダラからシンボル引き出しが速度の劣化につながることが分かる。
要件満たすためにしょうがない場合はあるが、個別値の分類はできるだけ数を減らすことを検討

At Scale Refresh Time (sec) Features 秒間描画数
50,000 3.956 16,718 4226
50,000 1.124 16,718 14874
300,000 30.124 157,567 5231
300,000 9.316 157,567 16914
カテゴリー: 運用, 設計 タグ: パーマリンク