標高タイル 高低差グラフを検討


http://ja.wikipedia.org/wiki/ブレゼンハムのアルゴリズム
を使えば画像のようなことができるはず。
Leaflet.Elevation

画像はLeaflet.Elevation

Leaflet.Elevation
https://github.com/MrMufflon/Leaflet.Elevation

ブレゼンハムのアルゴリズムは、画像/地図系触った事ある人なら一回ぐらいは使っているであろうメジャーな解法
タイルを横切るラインから直線で標高取得ピクセルを決定して取り出し、距離でXYグラフを描く。
暇があればやりたいが。

ちなみにゲーム系のアルゴリズムは割と画像と幾何なので近しい。
悩んだなら線型代数とかベクトルの解法から調べるといいものがあるかも。

カテゴリー: 設計 タグ: パーマリンク