速度は重要


サーバ駆動アプリケーション開発者が速度を気にしないことはない ( いや別に組み込み系の人とかも気にするけどさ )
「3秒くらいユーザは待ってくれるよ」と気楽にいえないのは何故か?

サーバは待ってくれないからだ。
仮に2秒CPUコアを占有するとして、6コア時は6同時要求で2秒間応答不能か遅延が発生する。
要は6コアリソースのCPU占有が2秒の場合は、3要求/秒=180要求/分
1秒の場合は、6要求/秒=360要求/秒となる。

趣味でやってるわけではないので当然要求応答のキャパはコストに響いてくる、
(ソフトウェア・ライセンスないしマシン筐体等のコスト)速度=コストと考えてもよい。

これは、他のクラサバ・ファイルベースのシステムもだろうが、サーバシステムはよりシビアに
初めに速度ありきで設計をはじめないといけない。

地図周りだと、サーバサイド描画必須の場合は
xポイント/yミリ秒描画 x頂点/yミリ秒描画がパッケージ選定基準でもよいぐらい重要

まあ、当たり前で今更言うまでもないことのはずなんですがね…

カテゴリー: 雑記 パーマリンク